オールハウス 社長ダイアリー 社長・原田尚明の“感謝の気持ちで!!”

断熱工事

2014/11/22|広島の注文住宅|

01-021-2-1ph01

断熱工事はハウスメーカーにより商品及び施工方法が異なります。

オールハウスでは現在アクアフォームとセルロースファイバーを使用していますが

どちらも専門業者に依頼しています。

専門業者に依頼すれば安心というわけではありませんが

一定以上の品質が確保できると考えるからです。

大工さんが施工するグラスールやロックウール、羊毛断熱材に

比べC値に確実に確保できます。

C値向上により

換気システムの効率

断熱効率は大きく変わります。

断熱性能がよくても隙間があると意味がないのです。

これから断熱性能はサッシ含め性能はよくなっていきます。

将来の資産価値向上やランニングコスト向上の為にも断熱には拘りたいですね!

 

 

Copyright (c) allhouse. All rights reserved.