建築事業部ブログ

2018/8/11(土) 髙岡 祐樹

予算組みについて

お疲れ様です。施工管理の髙岡です。 題名がいかにも建築関係っぽいですが、 メインの話題はイメージと異なってしまうかもしれません。   先に謝ります、すいません笑   ここ最近、特に何も家族サービス的な事ができておらず、 あれ?なんか最近父としての威厳が薄れてきているんじゃないか? と、思う今日この頃なお父様方!たくさんいらっしゃる事だと思います! はい、自分もつい先日まではそのうちの一人でした。 ところがある事をきっかけに父の威厳をみごとに復活させていただきました!!   今回はそんなお話です。 ある事とはショッピングモール等のゲームコーナーにある 【UFOキャッチャー】です。   行かれたら分かると思いますが、最近のはめちゃめちゃ種類がある上に、 1回100円もしくは200円、500円で1回分がお得だよ と庶民の財布事情を考慮した 安価な設定となっています。 ところがです!! これ、惜しくも取れない場合に、悔しくて悔しくて歯止めが利かなくなるのです。 人間の心理の一番弱いところ、そこを見事ピンポイントで突いてくる 見た目とは裏腹に実はかなりの強敵なのです。 そんな強敵なのは若かりし頃にほんの数分で5000円を吸い上げられる等の 痛い経験をした事が何回もあるので把握済みだったのですが、、、 そして5000円以上注ぎ込んで取れた場合、もうあまりそこは嬉しくはならないという、、、笑   そんな先日、4歳の娘とふと久々に寄ってみたら、あったのです。そこに。あれが。 UFOキャッチャーのショーケースの中にあの今、最もホットな話題の【 プリキュア 】があったのです。 迷いましたよ。はい。けど、娘にいいところを見せたい!の方が勝ちました。 よし、やろう。久々に。 ただ予算は【1000円だけ】これだけは守るぞと。そう決めて。   結果から申しますと 左ハリハムハリー:1600円 右はぐたん:800円   ただ見てもらって分かるようにフロア巾が15cmなので30cm越えのビッグサイズです!! 最近ちょっと視線が冷たい気がしていた娘が大喜びしてくれたので 結果、いや本当によかったです。   そして自動的に父の威厳は見事に復活というわけです笑 めでたし めでたし   コツとしては、アームで掴むのではなく、アームで寄せる・押すですかね? それが出来ない場合はすぐ諦めます笑   え~気付いた方もおられると思いますが、ハリハムハリーに関して予算オーバーしちゃってます。 ほんとダメな父です笑 結果論と思われるかもしれませんが、自分は1000円で取れなかったら2000円までと二重で自分と約束して挑んでました。 このライン超えると後悔しか残らない経験済なので笑 あの後悔の日々がこんな所で活きるとはって感じです笑   ここで本題の題名に戻りますが、家づくりの際に予算を決めても、 やっぱり欲が出てくると思います。 人なので家づくりが本気な分、必ず【あともう少しだけ】の感情が出てきます。 我慢をするか、奮発するか、で悩みます。 これが発生するのを想定しているか、してないかの差は大きいです。 我慢したらやっぱり我慢した分、満足度が勝手に下がる気がします。   なので、予算を組む際に【二重の予算】を決めておく事をお勧めします。 月々の支払が1000円アップまでは予算内、それ以上は絶対に絶対に無理!! こんな感じです。     気持ちに余裕ができる分、選択肢が増える分、家づくりは更に楽しくなっていくと思います。 この二重予算をしてない場合、予算オーバーへの恐怖心、罪悪感しかないので、楽しさが減っていく可能性が高いです。   ただ絶対に二重目の予算は超えない事を自分の中で約束して下さい。後悔しますので、、、   とりあえず自分に克つ練習がてら、子供を喜ばすがてら UFOキャッチャーしに行くのも自分は有りだと思います笑   というわけで、くれぐれも【UFOキャッチャー】の火傷には十分ご注意ください!!

カテゴリー:

記事を読む

2018/8/9(木) 三宅 義晃

日々成長

どうも、三宅です。 毎日暑い日が続いています。 猛暑を過ぎて、炎暑になっています。そろそろチャーシューになるのではないかと恐怖を感じているこの頃です。 ところで、我が家にはグリーンを多く育てています。暑さに負けず元気に(?)育ってます。 数えてみると5種類あります。 一番古株なのがサボテンです。 ↑このサボテン。 どれがサボテンなのか、パッと見て分かりづらいですが、ろくろ首(妖怪)のような長さで上へ上へと伸びています。 このサボテン、私が育て始めたのが社会人2年目の時に引渡時にお客様から頂いたうちの一つです。 ですので、約10歳になりました(喜)全長は40cmくらいでしょうか。 そして10年目になって漸く、新芽(?)が出てきていました。この周期で新芽が出てきた場合、1本目はどれぐらいの長さになっているのか.........考えたら、ゾっとしたのでやめます。 サボテンが大きな成長を遂げたのならば、同じように飼い主(?)も何かを成し遂げれるように日々頑張ります。 では、また。  

カテゴリー:

記事を読む

2018/8/3(金) 桑原 勇太

堺町プロジェクト

6月末、幕を一度おろした堺町プロジェクト。 広島、東京を拠点に世界中で活躍されている設計事務所の 刺激的なプロジェクトがありました。 解体される予定のビルに選ばれた参加者が選ばれた場所での 自由なインスタレーション。 イベントなどでいつもお世話になっております、 職業カルロスなCARLOSさん、 アーティストmasmさんも参加されていたので 何度か足を運ばせて頂きました。 それぞれの色んな職業の方が想いを創作した空間の足跡を追っていく行程は どの部屋もドキドキするものでした。 masmさんの作品ROOM A。 古びた扉に上から新しい塗料を重ねる。 そして、塗る前にAを型取る事により、本来の扉の表面がAという文字に浮き上がってくる。 塗料ならではの表現。 過去と今は重なり合っている。 その繰り返しが厚みとなる。 過去と今、過去のにおいを感じる事が出来た。 この重ねるという行為は、塗装ならではの表現の面白さ。 塗装は、表現の幅が広い。 そして、失敗しても塗り重ねていける。 その繰り返しが成長につながる。 塗る、のせる、かさねると言った言葉はとても響きが良い。 だから、塗装が好きなのかもしれない。 塗る、のせる、かさねる。 最後にmasmさんの作品を。   タイトルはわかりません。 ただ、そこには過去への追憶と 未来への展望を感じられました。 アートというものは、わかりづらいかもしれない。 僕も正直よくわかりません。 しかし、歩みよる事をしてみると何かしら人それぞれの解釈が生まれると思います。歩みよる事は新しい発見をくれます。 暮らしについてもそうだと思っています。 住宅には、それぞれのご家族の個性があると思います。 なので、僕達は歩みよる事、対話する事を大切にしていき、それぞれのご家族の個性を汲み取り、提案していく事をしていきたいと思っております。 素敵なお話が出来る事を楽しみにしております。    

カテゴリー:

記事を読む

2018/7/30(月) 上川 直也

現場状況

こんにちは。 先日Y様邸の現場に行ってきました。 順調に仕上がってましたので少しだけご紹介を。     玄関タイルが施工されてリビングドアがついていました。   他にも収納棚やキッチン・カップボードが出来ていました。   そして階段下カウンターと収納がイメージ通り出来上がっていました。       現場とCGパースを見比べてみるとほぼイメージ通りです。   現場が始まる前は想像することが難しい場合はあると思いますが、 こうしてみると安心して家づくりが出来ると思います。   お客様の不安が少しでも無くなるように進めていければと思います。 ここからは仕上げのラストスパートなので毎日暑いですが、 職人さんたちに頑張ってもらいます! 少しでもちからになれるように塩飴を持って応援にいこうと思います(笑)  

カテゴリー:

記事を読む