建築事業部ブログ

除夜の鐘

2019/1/10(木) 髙岡 祐樹

お疲れ様です。施工管理の髙岡です。

毎年、年越しは実家がある三次に帰省していたのですが、

今回は三次は寒いという安易な理由から初めて海田で過ごしてみる事にしてみました。

多数決で負けた流れです。

 

三次での年越しは毎年同級生ら数人で集まり、

近所のお寺の除夜の鐘を鳴らして廻る&炊き出しにて大満足という行事が毎年恒例となっていました。

このビッグイベントは「除夜の鐘のはしご」と呼んでおりました。

 

どこのお寺も炊き出しが用意されていて賑わっている感じとなってました。

お寺① うどん、日本酒 ⇒ お寺② ぜんざい、日本酒 ⇒ お寺③天ぷらソバ、日本酒という三件を廻り終える頃にはお腹いっぱい&軽くへべれけとなってる状態が心地よかったのが懐かしいです 笑

 

 

今回はそんな恒例行事を寒いという安易な理由で、みごと裏切ってみました!!

 

そして12月31日深夜、今回は寝て年越しを試みておりましたが、目が冴えて眠れませんでした。

11時40分くらいに鐘の音が遠くから聞こえてきました。

そして、、、

「あぁ~鐘つきてぇ~、お寺に行ったら鐘とかつかしてもらえるもんなんかな?

わざわざ出向いたら本来ダメでもさせてくれるのでは?」

という熱い衝動に襲われた髙岡がそこにおりました。もんもんしておりました。

 

もうこうなったら早速出発です。

とりあえず近所のお寺を調べてグーグルマップを頼りに挑んでみる事にしてみました。

お寺の近所でグーグルマップ案内が終了した為、軽く迷子になったのも今となっては善き思い出です、、、笑

 

お寺に着いてみると、20人くらいの行列ができてました 笑

炊き出しはぜんざいと焼き芋があったのですが、ぜんざいしか渡してもらえず

「えっと!焼き芋も下さい!!」がなんか恥ずかしくて言えなかった髙岡です、、、

炊き出しもおいしくいただき、無事に鐘もつかせてもらえて、なんとかいつもの年越しを迎える事が出来ました。

 

写真めちゃめちゃ暗いですね。

今回分かったのは、お寺によって鐘楼の形が違っていて、三次では全身全霊で叩けてましたが、海田でははしごを登って、はしごに乗った状態で上半身だけで叩くという、、、同じ日本、同じ広島でもこんな違いがあるんだね。と勉強になりました。

 

これが海田での年越し、よし、慣れていこう!

そして他のお寺も事前に調べて、よし、はしごしよう!

と誓った2019.1.1元旦でした。

 

お し ま い

2019年1月10日 17:37 カテゴリー: