建築事業部ブログ

家具配置の基本

2019/1/25(金) 三宅 義晃

どうも、三宅です。

新年が明けてそろそろ1ヵ月が経ちます。

やっと連休のふわふわした感じが抜けてきました。

これから年度末と年度始めを迎えるにあたって、世間一般的には卒業・入学・入社と、イベントラッシュ。私の事業部も影響はありますが、賃貸事業部やPM事業部が慌ただしくなる時期でもあります。

新たな場所または今現在の場所で心機一転するために部屋の模様替えをされる方が多いと思います。

私も頻繁に行っていましたが、今は落ち着いて今の配置が一番しっくり来ているのでここ数年は変えていないです。

ちなみに、こんな感じ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

改めて見ると、思った以上に壁面がもっさりしていて、『改良の余地あり』と思っています。

気を付けているポイントは、

①できるだけ同色または同系統の色にまとめる。

②高さをそろえる。 です。

①は本棚、テレビ台、机(椅子)、ローテーブルなど大きな家具はできるだけ色を合わせて置く。床の色との配色も考えてブラウン系で整えています。アクセントとしてグリーンを使うようにしています。

部屋で使う色は基本3色と言われています。白・茶・赤とか。それ以上多くても支障はないのですが、落ち着かないことが多いので3色でまとめられるのがおすすめです。

ちなみに私は、白・こげ茶・緑になりました。

②は左側の本棚の上部とテレビの上部の高さを合わして、テレビ台の上部と椅子の高さを合わせるようにしています。

特に部屋に入る扉付近の家具は目線より低く設置し、扉から一番遠いところに置く家具は背の高いものを配置すると、部屋が広く感じられます。部屋の間取りや、配置、日当たりなどによっても状況は変わります。

学生の頃は、本当に頻繁に変えていました。

個人的には 機能 > デザイン なので、いわゆる動線重視・使い勝手優先で見ています。

最近は好みの家具が見つからないので2×4材で自作家具を計画中です。

器用でないのできれいにはできませんが、その分愛着が沸く家具を作りたいと思います。

では、また。

2019年1月25日 17:13 カテゴリー: