建築事業部ブログ

家の守り神!?

2019/3/14(木) 三宅 義晃

どうも、三宅です。

現場監督の仕事をかれこれ13年程度してきましたが、この度初めてお会いすることが出来ました。

分かりますか?

ヤモリです。

爬虫類系苦手な方は、ここまでお読みいただきありがとうございました。

・・

・・・。

大丈夫な方は、引き続きお願いします。

「ヤモリ」は漢字に直すと『宮守』と書くようです。

個人的には家を守ってくれるという意味で『家守』だと思ってました。

そもそも「家守」としての所以は、簡単に言うと害虫駆除。

出てきたらテンションだだ下がりな黒くて丸い『G』や、目障りなハエなどを捕食する能力に長けているようです。

そのため、家を守ってくっれる神聖な動物(?)となり、人々から温かく見守られてきたようです。

ちなみに、一文字違いで「イモリ」がいますが、こちらは井戸(水)を守るという意味みたいです。

この仕事をして初めのころは、足場のネット内に鳥が巣を作って足場の解体前に気づきこっそり移動させるとか珍事を経験しましたが、なんだかんだでヤモリとは今回が初対面ということでこの仕事は改めて楽しいなぁと感じています。

どうか、現場で見たヤモリが逃げないでこの家の守り神になってほしいなと思います。

もし、ヤモリを見つけてもいじめないであげてください。

では。

2019年3月14日 15:55 カテゴリー: