建築事業部ブログ

増税緩和措置について

2019/6/9(日) 上川 直也

こんにちは。

今日は以前ブログで増税について書いた記事の続きを書きたいと思います。

住宅購入を検討されている方はすでにご存じかもしれませんが最後にお得な情報がありますので最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

消費税が8%から10%にあがることで住宅購入者への負担を軽減するために国策としていろいろな増税緩和措置があるので簡単にご紹介します。

 

まずは①住宅ローン減税の延長

いままでの10年から+3年延長になります。

10年目までは従来通り 年末残高×1%

11年~13年までは各年の控除額限度額は下記1.2の小さい方

1住宅借入金額残高(4,000万を限度)×1%

2建築購入価格(4,000万円を限度)×2%÷3年間

※細かい制約があるので詳細はご確認ください。

 

そして②すまい給付金の拡充

給付額が最大30万→最大50万になります。

※年収により受けられる補助額が変わりますので詳細はご確認ください。

 

次に③贈与税非課税枠拡大

8%の場合は非課税枠が一般住宅で700万、一定の基準を満たせば1,200万まででしたが

10%になると非課税枠が一般住宅で2,500万、一定の基準を満たせば3,000万まで贈与税が非課税になります。

 

最後に④次世代住宅ポイント

一定の性能を有する住宅に対して最大35万ポイントが発行されます。

※国の予算に限りがあるので先着順となり、なくなり次第終了します。

※ポイントは商品交換となりますので工事額の値引き等には充当できません。

 

 

上記だけでもお得な情報ですが、さらにオールハウスでは

地域型住宅グリーン化事業というグループに加盟しているので

一定の基準を満たした住宅を建てると100万の補助金を受けることができます。

どの建築会社でも受けられるものではないので特にお得な情報かと思います。

こちらに関しても棟数に枠がありますので新築をご検討されている方はお早めにお問い合わせください。

 

また何かお得な情報があればお伝えしたいと思います!

 

2019年6月9日 11:48 カテゴリー: