建築事業部ブログ

月別: 2018年9月の記事

2018/9/29(土) 藤枝 宏一

現場の身だしなみ。

  現場の身だしなみ。 今現場を見させていただいています。 現場での作業が終わった後の清掃はとても大事です。 釘が落ちていたりするとそれを踏んで傷になったり、 物が散らかったりしていると作業性が落ち、非効率になります。 そして何より現場にお客様が来て頂いた時に綺麗な方が気持ち良いです。 オールハウスの職人は長くオールハウスをして頂いている方ばかりなので、気持ちを込めて造ってくれます。 それはお客様にとってもいいですし、現場監督との連携も取れ工事も順調に進みます。 問題が起こった時や納まりの検討する上でも、協力業者であることで、親身になって、お客様の事を考え、後からの事も考えた施工方法を一緒に考えてくれます。 良い家造りが出来る様日々改善して、職人さんと協力して1棟1棟気持込めて家造りをしていきたいと思います。

カテゴリー:

記事を読む

2018/9/28(金) 金子 義信

明日は・・・

こんにちは、現場管理の金子です。 前回報告したお宅の上棟も無事終了して、 鏡が丘の新築現場では、土台敷きを昨日行いました。 この土曜日の上棟に向けていたのですが、 台風が接近していて雨予報、それもかなり降る様子。 さすがに、台風と雨には太刀打ちできずで延期の判断です。 台風が過ぎて、清々しい日和でできる事を待つ事とします。 では、また、   『あんな事やこんなリフォーム』    

カテゴリー:

記事を読む

2018/9/26(水) 髙岡 祐樹

修繕積み立て金

お疲れ様です。施工管理の髙岡です。 修繕積み立て金 という言葉を マンション購入を検討した時などに見かける事があると思います。 共益費や管理費とかに含まれている場合もあります。 マンションの場合は住宅ローンとは別でお金が掛かるイメージがあるのが一般的だと思います。 逆を言うと、 戸建住宅には住宅ローン以外には大してお金が掛からないイメージが強いかと思います。 マンションも戸建住宅も経年で老朽はしていくので定期的なメンテナンスが必要です。 やっぱり戸建にもマンションと同様にメンテナンス費用が必要となります。 ただそういったお金が必要と聞いてみて分かっても、 マンションみたいに金額を提示されているわけでもないので、 イメージがすぐには湧かないと思います。 そんな中、画期的なサイトを発見しました!   テオリアハウスクリニック http://teoriagroup.tokyo//   戸建のメンテナンス資金計画をクリックだけで、 しかも無料できるようになっていました。 個人情報などを入力する等はなしで、 クリックで自分の住んでいる家の階数、面積、仕上げ材の情報をクリックするだけでした。 60年計画で月々いくら貯めていけばよいか、たちまち導いてくれました。 実際にどのくらい掛かるかは、その時々で違ってくるとは思いますが、 無料で目安を把握しておけるのでオススメしておきます!!

カテゴリー:

記事を読む

2018/9/25(火) 三宅 義晃

空間有効利用!!

どうも、三宅です。 収納が少なくって困ったり、部屋が片付かないとお困りの方はおられませんか? 先日お引き渡ししたお客様のお宅で、プチリノベーション工事をしました。 リノベーションやリフォームと聞くと、大掛かりなイメージをもたれる方が多いと思います。 しかし、今回は“木の板を壁に張る”だけ。いたってシンプルなもの。 ↑↑建築工事中の画像 この画像の右奥のウォークインクローゼットの出入り口付近に取り付けます。 1本取り付けました。 続いて、2本目を取り付けました。 良く見るとフックを取り付けています。 もともとは、この木の板を2本取り付ける工事がメインですが、 用途としては、カバン・手提げ袋をかけたいというご要望とお施主様がDIYをされるという事で、最小限の工事を行い、フックなどの部品をご自身が好きなデザイン・形状・色・種類を選ぶことが出来、好きな位置に取り付けることが出来るのという利点を生かすために最小限になりました。 また、弊社の新築時の施工では、棚の取付時にビス・釘頭が見えなくなるように「ダボ埋め」という技術を使用しますが、今回はビス・釘頭にキャップを取り付けることで簡単かつ見栄え良くしております。 最終的にお客様にも取付を手伝っていただき。 このような、収納スペースを空間活用が出来ました。 今回のこの木の板を一般的には長押(なげし)といい、真壁工法の日本建築では多くの家で作られていました。 私の実家では、ハンガーをかけて服をかけたり、額に入れた賞状を飾ったりしていました。 最後に今回の工事は、お客様にも取付作業を手伝っていただき材工合わせて、1万円以下(税抜)でさせていただきました。 ※塗装はいつもお世話になっているのでサービスさせていただいております。 ご相談等あれば、弊社オールハウスまでお問い合わせください。 では、また、。

カテゴリー:

記事を読む