建築事業部ブログ

月別: 2019年3月の記事

2019/3/25(月) 上川 直也

スイッチの色々

こんにちは。 今日は建物の打合せで行うスイッチ計画について話をしたいと思います。 スイッチ計画は間取りによっても異なり、人それぞれの感覚的な部分も出てくるので初期の仮プランを元に最終的には打合せで決めていきます。   スイッチは大きく分けて3パターンあります。 一つのスイッチで一つの照明をつけたり消したりする「片切スイッチ」 二つのスイッチで一つの照明をつけたり消したりする「3路スイッチ」 三つのスイッチで一つの照明をつけたり消したりする「4路スイッチ」 ほかに5路6路となりますがだいたい4路スイッチまでをメインで使用します。 あまり聞き馴染みがないと思うのですが、わかりやすい例では 階段の下のスイッチで明かりをつけて、階段を上がってからスイッチで明かりを消すのが3路スイッチです。 あと、廊下の入口・出口も同じ3路スイッチになります。 また、出口が増えると4路スイッチや5路スイッチが登場します。   なんとなくスイッチの種類がわかったところでみなさんに質問です。 洗面室やトイレのスイッチは外派ですか?中派ですか? 片切も3路も関係ない質問ですが…。   間取りによっては外につけられなかったり、中につけられなかったりがありますが、基本的には導線や使い勝手を優先に決めることが出来ます。 中のパターン。   外のパターン。   【※図面と写真はリンクしていません。】   普段の生活で何気なく使っていることですが、いざ聞かれるとどっちか悩んでしまうこともあります。 今の家は?実家は?今まで暮らしてきた家は?と思い出すといいかもしれないです。 どちらが正解ということもありませんが比較的、外が多い気がします。   スイッチの位置ひとつとっても難しい家づくり。 事前に情報収集していろいろ検討しておくとスムーズかもしれません。 少しでも参考になればと思います。 では。

カテゴリー:

記事を読む

2019/3/22(金) 投稿者

明かりの色々

こんにちは。 今日は建物の打合せで行う照明計画について話をしたいと思います。 照明計画では大きく分けて3パターンの照明を使用していきます。   ▼天井に埋めこまれているのが「ダウンライト」(かなり多様します!) ▼ ダイニングテーブルにぶら下がっているのが「ペンダントライト」 ▼壁付けタイプの「ブラケットライト」   まだまだたくさん種類はありますが、「ダウンライト」「ペンダントライト」「ブラケットライト」の3つがよく使われます。 ダウンライトは比較的お手頃で見た目がすっきりシンプルなので、まずはこの照明を基本として配置をしていきます。 そこから部屋のアクセントとして、ペンダントライトをぶら下げたり、ブラケットを付けると雰囲気がまとまりやすくなります。   天井から吊り下げるペンダントライトは、シーリングライトを取り付けるのと同じ方法で簡単に付け替えが出来るので、色んな照明を付けたい方にお勧めです。 ↓天井にこんな感じの引っ掛けがついていればOKです。   逆にブラケットライトは配線を繋ぐ作業が必要なので、照明の付け替えは個人には難しい作業になります。。 少し慎重に選ぶ必要がありますね・・・!   ざっくりと照明の種類と配置が決まったら、灯りの色も選びます。 大きくはオレンジ色~中間色~白色の3色に分かれています。 (パナソニックHPより抜粋) 中間色が圧倒的人気ですが、 ・くつろぎたい空間や玄関やトイレなど暖かいイメージにしたい場所にはオレンジ色 ・くつろぎ感もメリハリ感どちらも欲しい場所には中間色 ・読み書きをする場所、はっきりと明るい空間が好きという方には白色 といった感じで、部屋ごとに照明の色を使い分けていくと過ごしやすくなります。     他にも調色や調光ができたり最近は音楽が流れたり、照明にできることってかなり多いので、一緒に暮らしの想像をしながら幅広いご提案ができればと思います^^ では。      

カテゴリー:

記事を読む

2019/3/20(水) 藤枝 宏一

RC躯体の商業建築

最近、いつも良くしてくれる職人さんから嬉しい事に「この建築お願いできませんか?」と相談を頂いき、依頼頂いた図面がRC打ちっ放しの商業建築でした。 RCは経験がありますが、商業建築、そして「打放」の仕上げという、高い工事レベルを問われる内容でした。「THE建築家」といった感じ。 踏み込みたい領域なだけに、何とかしたいなと思ったのですが、2mくらいのコンクリート打ち放しの意匠擁壁をするレベルでは無いので、オールハウスでは少し難しいかと判断しました。 ただ協力業者様の依頼だけに何とかしたかったのもあったので、知合いにゼネコンにいる東京の友達T君に相談。 東京の大学時代の友人で10年ぶりに連絡しましたが、いい感じに対応してくれました。(覚えてくれててありがとう!!) 今回の案件をゼネコンさんと共同で出来ればなーと思っていましたが、それは難しかったですが、いい話になればと、思う今日この頃です。 業者様からも信頼されている「オールハウスと職人様」との関係は非常にいいものだと改めて感じました。 これからも気を引き締めて、いい家づくりが出来る様に、職人さんと密に話し、良い家を1棟1棟大切に造って行きたいですね。  

カテゴリー:

記事を読む

2019/3/19(火) 金子 義信

しっかりと

おはようございます。 現場管理の金子です。 先日、他現場の社内検査に行ってきました。 お庭が広いお宅でした。 お引渡しする前にキズ等のチェックと、社員での清掃を行いました。 私の現場も、仕上げに入る時期ですので、色々考えながら行いました。 さて、八幡の現場は M様邸は足場を解体しました。全貌が明らかになりました。 内部は 2階は大工作業が終わり、1階で建具の取付中です。 2階は電気屋さんがボード開口していました。 もう一方、O様邸は 大工作業が終わり キッチンも設置完了しました。 こちらの足場はこの週末に解体します。 これで本格的に2棟とも、仕上げ工事に入ります。 ではまた、

カテゴリー:

記事を読む