建築事業部ブログ

2019/2/14(木) 髙岡 祐樹

職人さんの道具

お疲れ様です。施工管理の髙岡です。 現場で仕事をしている職人さん達は、その場に応じたいろんな道具を持っています。 大工さんのイメージだとノコギリ(鋸)だったり、ノミ(鑿)、カンナ(鉋)、カナヅチ(玄翁)だったり? 最近はノミ、カンナを使う機会が少ないので、現場であまり見掛けられないのが少し残念だったりしてます 笑 ノミ、カンナには刃物が付いていて、切れ味が悪くなったら都度【研ぐ】事で切れ味を復活させます。 大工さんの弟子さんが一人前になる目安に 【穴掘り3年、鋸5年、墨かけ8年、研ぎ一生】 って歌?のを聞いた事はありませんか? どの工程も技術を習得するのに年単位の時間が必要だけど、研ぎは一生!無理!って意味らしいです 笑 そのくらい難しく、奥が深い世界なのだとか。 刃物は研ぐ事でどんどん刃物が小さくなっていきます。 熟練の大工さんの道具とかを見せてもらうと、もう限界なくらい小さくなった刃先を見掛けたりします。 こんなイメージ こういったザ職人なとこを見ただけでテンション上がるのは髙岡だけでしょうか笑? 今までも何回かこういった、見た目限界な道具を見せてもらったりした事があるんですが、 今回のは大工さんのノミではなく、左官さんの石ノミでした。   たぶんホームセンターとかに行けば似たのが売っているので 新品と比較したら、これがいかにあり得ない形状なのが分かると思います笑 刃物部分、叩く部分、共に完璧に限界です、、、 こういった道具を見るといろんな想像をさせられると共に、その職人さんの仕事への向き合い方にすんごい感動させられます。 道具が無くなれば買う、なければ借りる。 今は物があふれているので、そんなのが当たり前な雰囲気があったりしますが、 無くなれば見つかるまで探す、なければ買う。の時代が少し前にあったのを思い出させてくれるような、そんな気がしてます。 道具を大事にする職人さんに腕が悪い人はいない!が髙岡のモットーだったりします。 もし現場に行く機会があったら、職人さんの道具をこっそりそういう目で覗いてみるのも、また違った現場の楽しみ方ができるかもしれません? お し ま い

カテゴリー:

記事を読む

2019/2/11(月) 三宅 義晃

塗りたて注意!!

どうも、三宅です。 久しぶりに『塗装屋 三宅』の仕事があったのでご報告します。 ※「塗装屋 三宅」とは・・・私、三宅が塗装作業するときに、塗装業者さんになりきって塗装作業をすることです。個人で営業しているわけではありません。あくまでの個人のモチベーションUP‼が目的。 先日玄関ポーチの上り下りに使うために急遽DIYした縁台。 (もう少し時間があれば、より整った台に仕上げることができたはず!)・・・ という、言い訳は一旦置いておきます。 2段目に私が片足立ちしても落ちなかったぐらい強度はしっかりしていました。 この縁台を画像に映っている塗料で塗ります。 ・ ・・ ・・・ ・・・・ 出来ました!! 真っ白に塗り上げました。 ただし、「塗りたてなので触らないで下さい!!」という注意喚起をせずに個人的に満足して終わってしまったので、もし見つけても安易に触らないでください。 このまま数日乾かして、二度塗りに入る予定です。 (1回で終わらす予定でしたが、よく見ると塗れていないところがあったので次回にします) 今回塗った塗料はペンキと同じなので、外でも持ちは良い方だと思います。用途に合った塗料をお選びください。 では、また。

カテゴリー:

記事を読む

  11月16日(イイイロの日)に始まり、「イロのある生活スタイル」をコンセプトにした、新たなライフスタイルや街の歩き方のきっかけづくりを行うWEBメディア「廣島スタイロ」のコンテンツ配信を2019年2月4日(月)に開始いたしました。 URL : https://hiroshima-stylo.com この度のコンテンツ配信では、広島を代表する金や銀の老舗箔押し加工メーカーである明治38年創業の株式会社歴清社6代目社長 久永朋幸氏をはじめ、広島で「朝の活動」と「飲み歩きの文化」を発信し、morning. JUICE STANDの色とりどりのドリンク片手に歩いてもらうことで広島の景色を作っている國分聡氏など、広島で活躍する5人の方々のメモリアルな風景やイロの話に加えて、ライフスタイルの話をインタビュー記事として掲載しています。 今後もイロとライフスタイルに関するコンテンツ配信を通じて、その「人」だけの「オリジナル・イロ」を開発し、地域とのコミュニティを形成していくことを目指していきます。そのため地元の人たちと交流するためのイベント等を企画していきます。また、想い出の広島の風景を暮らしにとけ込ませるライフルスタイルの提案を行っていきます。(プレスリリース引用) 「歴清社久永氏撮影時写真 Photo by akiko nakano」 「morning JUICE STAND國分氏撮影時写真 Photo by akiko nakano」 「knot wedding池田氏撮影時写真 Photo by akiko nakano」 「カルロス氏撮影時写真 Photo by akiko nakano」 「.comm中山氏撮影時写真 Photo by akiko nakano」 「廣島スタイロ」のタイトルには、広島というキャンバスにそこに住まう人たちのスタイルを描く。広島(場) に スタイル(人) とイロ(色) をつなぐことで、“イロづく街”にしていくというメッセージが込められています。私たちは広島を愛する人と共に、色鮮やかな街になっていく事を目指していくため、その「人」だけの「オリジナル・イロ」を開発し、想い出の広島の風景を暮らしにとけ込ませるライフルスタイルの提案を行っていきます。 暮らしの中に、あなただけのイロを。一緒にあなただけのイロを見つけて、そのイロを暮らしに取り入れるお手伝いが出来れば大変嬉しく思います。色のある暮らし。暮らしを楽しみましょう。   ■「廣島スタイロ」とは? 「廣島スタイロ」は「この街らしさを、イロにする」をキャッチコピーに、広島で活躍する人、企業、または地元の人を対象にインタビューを行っていき、その人の「原風景」と「スタイル」から「色」を抽出し、付加価値のついた「オリジナル・イロ」を開発していきます。 また、広島という「場」の地域性、「人」のスタイル、付加価値のついたイロ「色」に着目することで、広島という都市のアイデンティティを描きだし、ローカリズムを生み出していきます。WEBメディア「廣島スタイロ」でコンテンツとして発信することで、「場」と「人」という地域性が「色」により視覚化されるため、イロという表現での広島の魅力を伝えていきます。

カテゴリー:

記事を読む

2019/2/4(月) 上川 直也

いの一番

こんにちは。 ここのところ上棟ラッシュが続いています!   今日はそんな上棟に関する豆知識をご紹介したいと思います。 何年か前にも一度書いたことがあるので知っている方や現場で僕が知ったげに説明させてもらった方にはな~んだと思われるかもしれませんが。。。   タイトルにある『いの一番』 一般的には「まっさきに」などの意味で使われる言葉ですが、 実は建築用語が語源だったのを知っていましたか。   建築図面には柱の位置を記すために「通り番号1.2.3.4~」と「いろはにほへと~」が縦軸と横軸が交わる位置にすべて番付けられています。   お察しのとおり、いろはの「い」と番号の「1」が交わる柱が「いの一番」になるわけです。   こちらです。 奥の柱は「いの2」「いの3」と続いています。   昔は「いの一番」の柱を一番最初に建てて組み上げていたことから まっさきにという意味が「いの一番」ということで浸透していったと言われています。 ※諸説あります。   最近ではプレカットと言って工場で加工された材料を現場で組んでいくので必ずしもいの一番から柱を建てなくても問題無くなっています。 上棟の際には、是非気にして見てみてください! T様、N様、O様、上棟おめでとうございました! 引き続き宜しくお願い致します!  

カテゴリー:

記事を読む