建築事業部ブログ

2018/8/9(木) 三宅 義晃

日々成長

どうも、三宅です。 毎日暑い日が続いています。 猛暑を過ぎて、炎暑になっています。そろそろチャーシューになるのではないかと恐怖を感じているこの頃です。 ところで、我が家にはグリーンを多く育てています。暑さに負けず元気に(?)育ってます。 数えてみると5種類あります。 一番古株なのがサボテンです。 ↑このサボテン。 どれがサボテンなのか、パッと見て分かりづらいですが、ろくろ首(妖怪)のような長さで上へ上へと伸びています。 このサボテン、私が育て始めたのが社会人2年目の時に引渡時にお客様から頂いたうちの一つです。 ですので、約10歳になりました(喜)全長は40cmくらいでしょうか。 そして10年目になって漸く、新芽(?)が出てきていました。この周期で新芽が出てきた場合、1本目はどれぐらいの長さになっているのか.........考えたら、ゾっとしたのでやめます。 サボテンが大きな成長を遂げたのならば、同じように飼い主(?)も何かを成し遂げれるように日々頑張ります。 では、また。  

カテゴリー:

記事を読む

2018/8/3(金) 桑原勇太

堺町プロジェクト

6月末、幕を一度おろした堺町プロジェクト。 広島、東京を拠点に世界中で活躍されている設計事務所の 刺激的なプロジェクトがありました。 解体される予定のビルに選ばれた参加者が選ばれた場所での 自由なインスタレーション。 イベントなどでいつもお世話になっております、 職業カルロスなCARLOSさん、 アーティストmasmさんも参加されていたので 何度か足を運ばせて頂きました。 それぞれの色んな職業の方が想いを創作した空間の足跡を追っていく行程は どの部屋もドキドキするものでした。 masmさんの作品ROOM A。 古びた扉に上から新しい塗料を重ねる。 そして、塗る前にAを型取る事により、本来の扉の表面がAという文字に浮き上がってくる。 塗料ならではの表現。 過去と今は重なり合っている。 その繰り返しが厚みとなる。 過去と今、過去のにおいを感じる事が出来た。 この重ねるという行為は、塗装ならではの表現の面白さ。 塗装は、表現の幅が広い。 そして、失敗しても塗り重ねていける。 その繰り返しが成長につながる。 塗る、のせる、かさねると言った言葉はとても響きが良い。 だから、塗装が好きなのかもしれない。 塗る、のせる、かさねる。 最後にmasmさんの作品を。   タイトルはわかりません。 ただ、そこには過去への追憶と 未来への展望を感じられました。 アートというものは、わかりづらいかもしれない。 僕も正直よくわかりません。 しかし、歩みよる事をしてみると何かしら人それぞれの解釈が生まれると思います。歩みよる事は新しい発見をくれます。 暮らしについてもそうだと思っています。 住宅には、それぞれのご家族の個性があると思います。 なので、僕達は歩みよる事、対話する事を大切にしていき、それぞれのご家族の個性を汲み取り、提案していく事をしていきたいと思っております。 素敵なお話が出来る事を楽しみにしております。    

カテゴリー:

記事を読む

2018/7/30(月) 上川 直也

現場状況

こんにちは。 先日Y様邸の現場に行ってきました。 順調に仕上がってましたので少しだけご紹介を。     玄関タイルが施工されてリビングドアがついていました。   他にも収納棚やキッチン・カップボードが出来ていました。   そして階段下カウンターと収納がイメージ通り出来上がっていました。       現場とCGパースを見比べてみるとほぼイメージ通りです。   現場が始まる前は想像することが難しい場合はあると思いますが、 こうしてみると安心して家づくりが出来ると思います。   お客様の不安が少しでも無くなるように進めていければと思います。 ここからは仕上げのラストスパートなので毎日暑いですが、 職人さんたちに頑張ってもらいます! 少しでもちからになれるように塩飴を持って応援にいこうと思います(笑)  

カテゴリー:

記事を読む

2018/7/29(日) 投稿者

自然といきる

こんにちは。 ここ最近天気をよく気にするようになりました。 7月に起きた豪雨、猛暑はまさに異常気象でしたね・・・。 この間テレビで2100年未来の天気予報というものをしていたのですが、 全国40℃超えが当たり前、熱中症で搬送される患者が10万人を超えるのではと言われていました。 今の時代をみると有り得ない未来じゃないですよね・・・。 広島もそうですが、山と川と街が共存しているきれいな地域が日本にはたくさんあります。 その分自然災害による被害は受けやすくもありますが、それでも共存していきたいと私は思います。 そんな環境を守っていくために、自然と共存していくために、これからは一人ひとりが本気で環境問題に向き合わないといけないとひしひし感じました。   台風も上陸中ですが、土砂崩れなどさらに被害が広がらないことを祈っております。 では。

カテゴリー:

記事を読む