賃貸事業部ブログ

カテゴリー:安佐南区の記事

こんにちは! 大町店の神田です!   カープは優勝目前!! 広島は活気で溢れていますね!!   さてさて、昨日ご案内させていただいたお客様で、 あと2件で悩んでいる!!!というお客様がいらっしゃいました。   2件とも家賃は同じくらいで、1件は 「広島中心部寄り、1階、2LDK、駅まで徒歩約10分」   もう1件は、   「安佐南区、3階、3LDK、駅まで徒歩5分」   家賃があまり変わらないだけに、 かなり悩まれていました。。。   会社のある中心部までの距離を重視するのか、 駅までの距離を重視するのか、広さを重視するのか、 何を捨てて何を取るのか。。。   賃貸物件を決めるとき、多くの人は何かしら 「妥協」して物件を決めています。 もちろん、初めに決めていた条件にピッタリ全て当てはまる物件があれば、 私たちも、   「すぐに決めましょう!!!」   と言えるのですが、 条件に全てピッタリとハマる物件はなかなかありません。。。 だからこそ、何かしらの「妥協」が必要なのです。。。   でも、どこを「妥協」したら良いのか、 そんなことわかりませんよね。。。 どれも条件は捨てがたい。。。   ちなみに、㈱リクルート住まいカンパニーの調査によると、 2017年の傾向として、「築年数」を妥協している人が多かったようです。 (参考までに♪)   妥協、妥協というとなんだか聞こえが悪いですが、 良いお部屋に出会う為に、 すこーし決めていた条件を譲ってお部屋探しをするのです♪   そこで!今回は私の経験上、 譲る人の多い条件や、絶対に譲ってはいけない! と思う条件をお伝えします☆   私が今までで条件を譲ってもらったことが多いな、 と思うのは、「場所」です!   例えば、安佐南区であれば、「大町駅」を境目に考える人が多いのですが、 「大町駅」を超えると家賃の相場が少し下がります。 アストラムラインであれば、 1駅の間隔は1~2分間なので、そんなに遠くは無いのです! それでも、同じ金額で築年数の浅い物件が出てきたりします!   「通勤時間を5分長くして、築の浅い物件に住むのか」   「通勤時間を少しでも短くして築の古い物件に住むのか」   この2つを考えたとき、 「通勤時間を5分長くする」   という選択を取る人の方が多いかな。 と私は思います!   ただ、 「子供を転校させるのはかわいそうだから、学区内で引越!」   「引越しの目的は、通勤時間を短くすること!」   など、 引越自体の目的が場所であったり、場所にこだわる強い理由があれば、 それは絶対に譲ってはいけない条件ですね!!   いかがでしょうか?? 次回は、「家賃」について、 どんな考えを持っている人が多いのでしょうか?? ご紹介します♪ お楽しみに☆   ☆今日のゆきちゃん☆ 美人。。。  

カテゴリー:

記事を読む

2018/9/10(月) 神田理紗子

☆オール電化の真実☆

こんにちは! 大町店の神田です!   少し涼しくなってきましたね~ 秋のはじまりですね☆   そんな今日この頃、オール電化物件をご案内させていただきました♪ みなさま、こんなことを聞いたことはないですか?? 「オール電化物件は光熱費が安い!」   前回都市ガスとプロパンガスで対決し、比較しましたが、 今日はオール電化物件でのメリット・デメリットを調べていきます♪   まず、オール電化とは、 電力を使って家庭内のエネルギーをまかなうものです。 例えば! 一般的にはコンロはガスを利用しますが、 オール電化ではIHクッキングヒーターを利用します。 お風呂のお湯など、給湯はガスを使ってお湯を沸かしますが、 オール電化ではエコキュートや電気温水器を設置して、 電気でお湯を沸かします。   これだけ聞くと、 「結局電気をたくさん使うから、電気代があがって ガスと光熱費は変わらないんじゃない??」 と思う方もいらっしゃるでしょう! オール電化が、なぜ 「光熱費が安い!」 と言われるのかというと... 確かにオール電気はガスの物件と比べて電気をたくさん使いますが、 電気代の安い深夜電力を利用します! だから光熱費が安いのです!   ただ、オール電化にもメリット・デメリットがあります。   メリット ・光熱費がガスと比べて安い。 ・キッチンがIHの為掃除が楽。 ・火を使わないので火災になるリスクが低い。   デメリット ・昼間の電気代が高くなる。 ・フライパンが天板についていないと過熱しない為、フライパンを振れない。 ・ガスに比べて火力が弱い。   前回のガスと比べていかがでしょうか?? 気を付けなければならないのは、 オール電化で電気を契約するときには、オール電化プランで契約することです! でないと反対に請求が高額に。。。   この度の北海道の地震でも話題になっていましたが、 北海道はオール電化の住宅が多いそうです。 今回の災害のように電気が寸断されてしまうと、 料理ができずホームセンターにカセットコンロを 買いに行く方もいらっしゃったようです。 ただ、電気はライフラインの中で一番復旧が早いそうです。 災害のことを考えると、オール電化でもお家にカセットコンロがあると 何かあった時に役に立つかもしれません!   賃貸物件、オール電化は少ないですが、 使い慣れていないIHはちょっと。。。 っと除外するのではなく、ぜひご検討ください♪   ☆今日のゆきちゃん☆

カテゴリー:

記事を読む

2018/9/4(火) 神田理紗子

☆いよいよ優勝☆

こんにちは! 大町店の神田です!   先日、抽選で当たったチケットでカープ観戦に行ってきました☆★☆ 座った席がこちら⇓   すごく良い席でした!!!!!   仕事が終わってからの観戦だったので、 3回表ぐらいから球場で観戦しました!   仕事を切り上げて、さぁ!出発! 徳永さんに、 「今2ー0で負けてるよ~」 と言われ、 「2点ぐらい余裕ですね!6点差までは余裕です!(笑)」 と言って、意気揚々と大町店を後にした私。   球場近くに到着して、途中経過を確認。 「あれ..........???6ー0.........?????」 まぁ、6点差はこの前も逆転したし、今のカープなら可能性もある! と思いながら観戦したのですが、、、   そうです。 私が行ったのはあの8月26日の中日に11ー1で負けた、あの試合です。(笑)   こんなカープは久しぶりに見ました。 なんだか懐かしい気持ちになりました。笑   でもやっぱり球場で見る野球は楽しいですね♪ めったに見れないような良い席で野球を見れて満足でした!(笑)   ☆今日のゆきちゃん☆

カテゴリー:

記事を読む

こんにちは! 大町店の神田です!   猛暑が続いていましたが、 ここ数日、朝晩は少し涼しくなりましたね~ でも、台風が過ぎるとまた熱くなるようです🌞   さてさて!今日は! 対決シリーズです☆☆ ほんじつ対決するのはこちら!! 都市ガス  VS  プロパンガス みなさん、賃貸の物件を選ぶとき、 ガスまで考えて検討したことはありますか??   「良いけど家賃が高いな~」 と思っている物件も、光熱費まで考えて検討すれば、 予算内として検討できるかもしれません!!   まずはそれぞれご説明♪ 都市ガス 都市ガスは、ガス会社が地中に通したガス管を通じて供給されるガスです。 都市ガスは気体なので、何かに詰めて持ち運びをすることができません。   プロパンガス プロパンガスは、液化石油ガスを専用のボンベに詰めたものです。 ガス管を使わず、ボンベを使ってガスを供給します。 カセットコンロ用のガスも同じ原理です。   つまり都市ガスは気体、プロパンガスは液化したガスを供給しています。 液化したプロパンガスは重いので、プロパンガス物件のガス警報器は下の方についています。 対して、都市ガスは気体で軽いので、ガス警報器が上の方についています。 豆知識です♪   それでは! それぞれのメリット、デメリットをご紹介♪ 都市ガス メリット ・プロパンガスと比べて料金が安い ・安全性に優れている デメリット ・プロパンガスと比べて火力が弱い ・復旧が遅い ・配管が通っているところでないと利用できない   都市ガスは料金設定に国などの許可がいる為、簡単に料金設定を変更できません。 なので、都市ガスはプロパンガスと比べて料金設定が安くなりがちです。 また、24時間体制で管理している為、災害時はすぐに供給を止めることができます。 ただ、一度ガス管が災害で壊れてしまうと、復旧までに時間がかかります。   プロパンガス メリット ・災害時の復旧が早い ・配管と通さなくても良い為、どこでも設置可能 ・熱量が都市ガスの約2倍 ・設置時の初期費用が都市ガと比べて安い デメリット ・都市ガスと比べて料金が高い   プロパンガスのデメリットは、なんと言っても都市ガスと比べて料金が高いことです。 一概には言えませんが、料金設定が自由形の為、価格変動が多い為です。 ただ、メリットはたくさんあります。 ボンベの運搬が可能なので、災害時にボンベを運び入れればすぐに供給が可能となります。 公共の道路から敷地内に配管を引く必要がないので、初期費用が安いです。 ただ、これは賃貸の方には関係のないお話ですね('ω')   みなさま、いかがでしょうか?? 私はこの度の豪雨の災害を通して、 「復旧が早い」というプロパンガスのメリットは、すごく大きいと感じました。   安佐南区では、まだまだ都市ガスのガス管が通っておらず、 8割がたプロパンガスです。 「家賃が少し高いな~」と思った物件が、 偶然にも都市ガスだったら!!! 是非光熱費も含めて検討してみてください♪   ☆今日のゆきちゃん☆

カテゴリー:

記事を読む

123