プロパティマネジメント事業部ブログ

いとしいたべもの

2019/7/9(火) 宮地祐梨

こんにちは。

ふらふらっと無印良品へ立ち寄ってみました。

表紙においしそうなメロンパンが描かれている『いとしいたべもの』という

本が目につき、ついつい立ち読み。

その本にはそれぞれの食べものの思い出が書かれていました。

メロンパン、オムライス、たい焼き、サッポロ一番味噌ラーメン、カステラ、おはぎ。。。

やさしいイラストと一緒に思い出が細かいところまで描かれていて

読み進めていくと、なんだかおなかがすいてきそうになる本でした。

 

本の最初に書かれていたお話は『オムライス』。

すきやきは特別な日のご飯なので『えらい王様』に対して

オムライスは『ふだんの王様』。

お母さんがたまごでくるっと巻いて作ったオムライスに

自分で好きなようにケチャップをかけて食べる。

他にもたい焼きの端っこのパリパリになったみみのお話もあったり。。。

 

「たべものの味にはいつも、思い出という薬味がついている」という言葉が書かれていました。

毎日、当たり前のようにごはんを食べている中でも

こんなにも思い出が溢れているんだなぁと感じました。

ひとつひとつの思い出が溢れてくる、やさしい一冊でした◎

2019年7月9日 14:06 カテゴリー: