売買事業部ブログ

月別: 2018年5月の記事

2018/5/31(木) 西山恭平

観葉植物 SOWER@広島市中区上幟町

売買事業部の西山です。 先日フラワーショップ「SOWER」さんで植物の勉強会を開催していただきました。 売買事業部なのに「植物の勉強会??」と思う方もいらっしゃると思いますが、 物件の知識、住宅ローンの知識ももちろんですが、 お客様のいろいろなご要望にお応えできるように 日々みんなで勉強しております。 植物によって水やりのタイミングが違い、 四季や家のどのあたりに置くかによってもまた変わる。 正直難しそう・・・(笑) でもやっぱり観葉植物はお家に置きたいですよね! どこの場所に置いてどう見せるのかを考えただけでも楽しいです。 葉っぱが多いものは「面」で。 細いものは「線」でみせる。 白い壁にあってとても見栄えが良かったです。 オーナーさん手作りのオブジェもありました! これは松ぼっくりを一つ一つくっつけて作ったそうです。 「自分でも作れますよ!」と言われましたが、 こんなに綺麗に出来る気がしない・・・(笑) 観葉植物と併せて、 こんな家具を置きたいですね! 上記の3点はホームセンターさんで見つけました。 これを置くだけでお家の中が「アウトドア」ですね(笑) 「SOWER」 「種をまく人」という意味でお店の名前を付けられたそうです。 植物を置きたいけどお手入れが・・・とお悩みの方はぜひ! ~おまけのつむぎ~ とある休日の朝。 姪っ子に抱きついてミッキー見てました(笑)

カテゴリー:

記事を読む

2018/5/30(水) 安達正和

親からの援助(贈与)

皆様お疲れ様です、あだちん日記を書かせていただきます。 今日は不動産購入に際し、よくご相談を受ける内容を少しだけ詳しく記事にさせていただければと思います。 家作りにおいて、ご両親から援助を受けた場合、一体どうなるでしょうか? 答えとして、お家を取得される際の援助には、通常よりもより多額の「非課税枠」が適用されるということです。 そもそも「贈与」というものでも、一般的に110万円までの「基礎控除(非課税枠)」がまず誰にでもございます。 しかし、住宅資金の贈与や援助となると100万円に留まらず、1000万円ということも。。。(^_^;) そんな時、大いに役立つ特例がこちら「住宅取得資金等の贈与税非課税特例」です。 こちらの特例は基礎控除に加えて受けることができますが、直系尊属からの贈与というのが第一前提となります。 あくまで今年平成30年度での話しになりますが、取得住宅が一定基準をクリアした「省エネ住宅」の場合は1200万円の非課税枠、「それ以外の住宅」を取得の場合は700万円の非課税枠となります。 当然環境に優しい「省エネ住宅」の方が、非課税枠は多いわけですが、贈与を受ける方の年齢が20歳以上で、その贈与を受けた年の所得額が2000万円以下、更に配偶者や親族など特別な関係からの住宅取得ではないこと等も、特例を受ける為の前提条件となりますのでご注意ください。 又取得する建物にも要件があり、新築又は取得した住宅用の家屋の登記簿上の床面積(マンションなどの区分所有建物の場合はその専有部分の床面積)が50以上240以下で、かつ、その家屋の床面積の2分の1以上に相当する部分が贈与を受ける肩の居住の用に供されるものであること等もあります。 その他細かい内容はこちらもご参照ください。住宅取得に係る贈与税の非課税特例要項 あまりに贈与額が大きいと、その分贈与税がより多く発生してしまうのではとご心配される方もおられますが、住宅取得の場合はこの様に非課税特例について国が容易しておりますのでご安心ください。 オールハウスでは、上記の様な贈与もそうですが住宅ローン控除について等、様々な税制優遇、銀行の金融商品と金利状況等からトータルで資金面のサポートをさせていただいております。 無料で行っておりますので、良ければお気軽に相談に来ていただければと思います。いつでも心よりお待ちしております。 以上!あだちん日記でしたm(__)m

カテゴリー:

記事を読む

2018/5/29(火) 吉田武史

住宅ローンの借換え①

皆様、こんにちは。 先日、4~5年前にご購入いただいたお客様とたまたまお会いする機会があり、 その際、住宅ローンの借換えについてご相談を受けました。 確かに、今は超低金利時代。 借換えをしないというだけで、損をする可能性もあります。。。 ということで、 今回は、その話を少しだけ書かせていただきます。 例えば、地方銀行の10年固定の住宅ローンで、金利は1.85%で(保証料含む)、 今の金利状況から考えると、すごく高く感じますが、 当時はどの金融機関も同じぐらいの水準でした。 この場合だと、借り換えによって金利が下がり、 支払予定額を少なく出来る可能性が大いにあります。 3000万円借入で1.85%(10年固定)なら、月々の支払は約97,000円で、 今の金利1.2%はなので、月々の支払は約87,000円で、およそ10,000円近くの差額です!! これは、住宅ローンが何年残っているかにもよりますが、 年間で120万円、20年で240万円も変わってきます!! これぐらいの、差額が発生するケースでは、借換えした方がお得になる可能性が高いです。 ただし、借換えの際には、諸経費がかかることと、 新たに住宅ローンを組むことになるので、 その際の、ご年収や健康状態が関わってきますので、注意も必要です!   ※※オールハウスでは借換えのご相談も行っています※※ 返済額を圧縮したい、返済が厳しい、家族構成が変わって支払も見直したい・・・等々 お気軽にご相談くださいませ。 →メールで問合せ←    

カテゴリー:

記事を読む

2018/5/28(月) 正田勇輝

いよいよ

こんにちは!正田です! いよいよ明日から交流戦です! 特にセ・リーグはここでいかに踏ん張るかでペナントレースの結果に非常に大きな影響を与えてきます。 まずはセ・リーグのホームで6試合一斉にスタートです。 我らがカープは三次でライオンズ戦からです! カープは4球団の表ローテと当たる予定ですので、厳しい戦いが予想されます。(゜゜) 31日は薮田投手が予想されていますが、まずは明日中村祐太投手にいい流れを呼び込んでもらいたいですね!! 昨年果たせなかった交流戦優勝を目指して応援しましょう!! ちなみに明日からのライオンズ戦ですが、昨年記事を書かせていただいた源田選手にも注目してくださいね!#源田たまらん >>>http://www.all-house.jp/blog/2017/11/1992.html

カテゴリー:

記事を読む