売買事業部ブログ

カテゴリー:お金のことの記事

2019/2/28(木) 前田 恭延

保険料の節約法

皆様こんばんは。オールハウス売買事業部の前田です。 今回は住宅購入をきっかけに生命保険を見直そうの巻きです。 マイホームを購入すると住宅ローンや固定資産税など、 お家に関わる負担が増加し家計負担が重く感じる人も少なくないと思います。 住宅の購入にあたっては、住宅ローンを利用することが多く、住宅ローンの借り入れには 「団体信用生命保険(団信)」の加入を必須条件としていることがほとんどです。 この団信に加入していれば、契約者に万一(死亡時および高度障害状態時)のことが あったとき、返済中の住宅ローン残額を保険金で完済することができます。 これにより居住費に関してはある程度カバーできますので 今現状加入されている保険の内容によっては大幅に削減可能な場合もあります。 場合によっては、保険の見直しをすることによって削減した月々の費用を住宅ローンに まわして、断念していた物件を購入することが可能になる場合も・・・・・。 まずは自身の保険の内容をご確認下さい。 もしかすると余計な費用を支払っているかもしれませんよ。 ご不明な場合はこちらへ ⇒ MILIFEPLUS(ミライフプラス)

カテゴリー:

記事を読む

皆様お疲れ様です、あだちん日記を書かせていただきます。   さて、前回O様から『ふるさと納税』の特産品としていただきました梨から発展したこちらの話題!あだちん日記が待ちきれなくて眠れない人も多かったのではないでしょうか?   『ふるさと納税』の簡単なあらましとしては、応援したい地域に寄付を行うことで、実質負担額2,000円にてその地域の特産品を受け取ることができます、そうして募った寄付金を使って、その地域の活性化につなげる事ができる!といった内容です。   しか~し!! ここで注目すべき点があるではないですか(p_-)   なになに? 《寄付の翌年に確定申告をすることで、自己負担額の2,000円を超える部分が住民税や所得税から控除される制度。。。。》 ここが気になるなぁ(p_-)(p_-)(p_-)     例えば2万円の寄付を行えば、1万8千円が所得税・住民税から控除され、実質2,000円で特産品がもらえるみたいです。かなりザックリですが(笑)   ただし!上記の中でも1万8千円分が所得税・住民税から控除されるとありますが、ここには注意が必要ですねぇ(p_-)   色々とサイトを調べてみましたが、あくまで地域活性・地域応援の為の寄付であり、実質負担2千円で特産品をもらえるというところは大きなメリットではありますが、節税対策という意味合ではないみたいなのでここにメリットを求めるものではないのかもしれませんねぇ。(~_~)   様々なサイトでメリットの紹介がありますがあくまで節税対策が目的ではないという記事も多く見受けられますね(^_^.)   実際は節税という観点よりも、ご当地の特産品を実質2,000円で購入することができ、そして尚且つ何もしなければ所得税として徴収されていたはずだったお金が、寄付金として使用されることで、その使用した金額から2,000円引いた金額が結局税金から控除されるといった話ですね。   う~~ん相当わかりづらいだって(゜o゜)しかたないなぁ(゜o゜)     というわけで、ここからは算数の時間ですよ~\(◎o◎)/!   勿論自営業者さんと会社員さんとで税率も違いますし、所得に至っては、その方によっても当然異なりますよね。   分かりやすいように統一すると、年収400万円の共働きの方が30,000円のふるさと納税として寄付をしたとしましょう!   まず所得税の還付として (寄付額30,000円-2,000円)×(所得税率例5%)×1.021=1,429円の還付   次に住民税の基本控除として (寄付額30,000円-2,000円)×住民税10%=2,800円の控除   最後に住民税の特別控除として (寄付額30,000円-2,000円)×(90%-所得税率例5%×1.021)=24,300円の控除   合計すると 所得税還付金1,429円+住民税基本控除分2,800円+住民税特別控除分24,300円分の合計28,529円が控除額となるわけですね(*^_^*)   30,000円の寄付金をすることで、30,000円分の特産品をいただくことができ、そして28,529円程の税金控除を翌年確定申告することで得られる!ここで注意すべきが、28,529円程が手元に戻ってくるわけではないということですね(p_-)ここですよここ!!   この30,000円を寄付せず貯金すると、その30,000円にはしっかり税金がかかってしまいます。上記の例だと実質2,000円程で30,000円分の特産品を得られるということですが、30,000円の寄付をすることは事実ですよね。   ただし、同じ30,000円をただただ何もせず税金として徴収されるよりは、プラス2,000円の寄付をすることで30,000円相当の特産品を貰い受けるのもアリではないでしょうか?ということです(^^)v   早速あだちんも特産品調査に入りたいと思います。   こちらから特産品を確認できますよ~(^0_0^) https://furusatoplus.com/search/ 旅行宿泊券やお肉、果物野菜、米等いっぱいあります!!(^^)!   ただし、ご年収により、寄付金の上限額が変わってきますので、こちらでご確認ください♪ 更に控除額もシミュレーションしてくれるみたいです(^o^)/⇒https://www.furusato-tax.jp/about/simulation?center_top_click&sid=32be938924626ec3b62ff1e2ad69dde1242b0d05   皆さんも、是非この機会に『ふるさと納税』を行ってみてはいかがでしょう? ※確定申告は必ずお忘れないように!!   以上!あだちん日記でしたm(__)m   ちょ~と待ったぁ!! 11月11日と言えば何の日ですか???   そう!!感謝祭『スマイルフェス』の日です!! 今回はハーバリウムやクリスマスリースなど、DIYコーナーから、キッズコーナーとしてふわふわドームもご用意しております。飲食コーナーも期待値の高いものばかりです!!   そして、なにやらスタンプラリーなども行われるそうで、こちらはスタンプ全て集めれば、マイクロタオル3枚セットをゲットできるまたとないチャンスですよ!   詳細はこちらから⇒https://www.facebook.com/allhouse.official/   沢山の方のご来場をこころよりお待ちしております!!       この度の参考リンク集 https://zuuonline.com/archives/165336 https://www.furusato-tax.jp/about/simulation?center_top_click&sid=32be938924626ec3b62ff1e2ad69dde1242b0d05 https://www.uchitax.com/2016/05/15/hometown-taxpayment/ https://furusato-toku.red/tax-reduction-9990

カテゴリー:

記事を読む

2018/10/1(月) 吉田武史

任意売却について。

皆様、こんにちは。 『任意売却』ってご存知ですか? あまりなじみにない言葉かもしれませんが、 不動産の売却方法の一つです。   例えば、マイホームを購入したけれども、 住宅ローンの返済ができなくなったらどうなるのでしょうか? 住宅ローンや、住宅を担保にした借入金の支払いが難しくなり滞納を続けると、 お金を貸している金融機関は、 裁判所を通じて強制的にマイホーム等の不動産を売り、 その売却代金から残っている住宅ローン等の債権を回収する 「競売」にかけられます。 「競売」にかけられると、マイホームは本人の意思とは全く関係なく、 入札制度により売却されてしまいます。 そこで得られた売却のお金は、 全て住宅ローンや借入金の返済にあてられてしまうので、 売却した本人の手元にはお金が全く残りません。 しかも、自宅が他人の手に渡ってしまえば立ち退きを迫られます。 さらに、住宅ローン等の残金はその後も支払続けなければなりません。 「競売」を回避するには、 借入残高よりも高く家を売るか、 売却代金で足りない差額分を本人が用意しなければなりません。 ただし、いずれも現実的ではありません。 そこで、登場するのが『任意売却』です。 『任意売却』とは、 競売入札になる前に債権者と合意の上で、本人の意思で売却することです。 任意売却は通常の不動産取引と同様に、本人が売主となり自宅を売却できます。 例えば、 「住宅ローンの支払いが遅れている」 「失業・病気などのため、支払が苦しくなってしまった」 「離婚した元夫がローン滞納をし、連帯保証人の元妻では返済が難しい」  「銀行からの督促につかれしまった」 「住宅ローン以外の借入金も多く、自己破産も考えている」   さまざまな予期せぬ事情から、 住宅ローンの返済を滞らせてしまう方が増えています。 もし、上記のような状況でお困りの方は まずは勇気を出してオールハウスまでご相談ください! 今まで、何件も『任意売却』を扱ってきていることと、 任意売却専門のスタッフが常駐もしていることも、オールハウスの強みです!! もちろん、ご相談は無料で受付中です! 【無料相談はこちらから】 【簡単無料クイック査定はこちらから】

カテゴリー:

記事を読む

みなさま、こんにちは。オールハウス売買事業部の前田です。 先日は「住宅ローン控除とは何なのか?」というお話をさせて頂きましたが、 本日は控除を受けるための条件を10項目にまとめてみました。 ①自ら居住すること(別荘や投資用物件では使えません) ②登記面積が50㎡以上であること(マンションは要注意:壁芯面積ではなく内法面積) ③借入れ期間が10年以上であること ④購入日から6ヶ月以内に住むこと ⑤床面積の1/2以上は居住用であること ⑥耐震性能の基準を満たしていること(新耐震基準) 非耐火:20年以内 耐火:25年以内 ⑦上記以外の物件の場合、下記書類があれば控除が適用可能 ・耐震基準適合証明書 ・既存住宅性能評価書 ・既存住宅売買瑕疵保険 の付保証明書(引渡し前に必要になります) ⑧他の税金の優遇措置を居住した前後で受けていないこと ⑨その年の所得金額が3,000万円以下であること ⑩親族からの購入でないこと 物件を探すときから注意しないといけない項目もありますので、あらかじめ確認したうえで 住宅購入をすすめていきましょう! 次回は<すまい給付金>に焦点を当てていきたいと思います。    

カテゴリー:

記事を読む