未来のくらし 楽しくシンプルに ALLHOUSE

TOPICS

トピックス

2020/05/22

コロナウイルスの状況下でも安定性と成長性のある賃貸管理事業部とは

オールハウスの賃貸管理事業部(以下、PM(Property Management:資産マネジメント))は、オーナーさまが持つ「物件」という大切な資産をお預かりし、オーナーさまの代わりに運用・ご提案していく部署です。オーナーさまからの不動産に関するお問い合わせを日々ヒアリングするとともに、入居者さまの「理想の暮らし」をサポートします。

オーナーさまひとり一人が持たれる状況に対して誠意をもって対応する中で、あるオーナー様からは、「あなただから任せるんだよ!」またあるオーナー様からは、「対応が良いと聞くので、私の物件も任せたい」などなどたくさんのお褒めのお言葉をダイレクトにいただいています。

そんなPMでオーナーさまの一番身近にいるのが、「営業」や「オーナーサポート」というスタッフの存在。時には相談窓口になり、時には解決に向けてのご提案をするコンサル役として活躍しています。PM事業部の仕事を通じて感じることやチームのことなど、PM営業課の2人、新卒入社のスタッフを含むオーナーサポート課の2人、そしてPM事業部長にお話しを伺ってみました!

将来に活かすことができる専門スキルが身につく

岸本 陽史(きしもと ようじ)(写真右)
オールハウス株式会社
賃貸管理事業部 営業課
2013年中途入社。主に、賃貸物件の管理やオーナーさまへの資産運用のご提案を担当。賃貸や建築の幅広い経験を活かし、オーナーさまには利益の最大化を図り、入居者さまへは生活をサポートする。時折行われるセミナー登壇も務める。
趣味:野球観戦・ゴルフ・温泉巡り

尾川 雅彦(おがわ まさひこ)(写真左)
オールハウス株式会社
賃貸管理事業部 営業課
2012年新卒入社。主に、物件改善や資産運用のご提案を担当。PM事業部の前は賃貸事業部の店長を務めていた経験がある。空室対策から資産運用、保険に関することまで幅広く対応し、信頼を得ている。

趣味:野球・音楽鑑賞

PMの営業ってどんな印象でしたか?

尾川:もともとは賃貸事業部に配属されて、店長を務めたりして6年ほど働いていました。その後、PMに異動になったんですが、すでに会社で6年間働いていたこともありPM事業部の業務内容はある程度知っていたので、最初は幅広い分野の新しい知識の習得や業務が行えるか少し心配はありました。

岸本:僕も賃貸事業部からすぐに異動になったんですが、働いて間もなかったこともあり、最初は正直PMの営業のお仕事内容はピンとこなかったですね。管理というだけあって物件のメンテナンスを地道に行うイメージはありました。

―実際に PMの営業をやってみてお仕事はどうですか?

岸本:最初のイメージにあったような物件管理の業務から、オーナーさまの賃貸物件の改善提案や資産運用提案など、コンサルティング的な要素もあるのだと知り驚きました。最初は業務を覚えていくのに必死でしたが、だんだん知識の習得を常にしていく中で、学んだことが必ず活かされる仕事だなと思うようになったんです。

最初は慣れるまで大変なこともありますが、不動産に関するあらゆる知識を学べるので、今では自然とアイディアが閃く習慣がついてるように思いますね。この事業部は、「失敗は次の成功への経験」と捉えているので失敗を恐ず挑戦していける環境だと感じます。

尾川:PMの営業は何事も自発的に動いていく必要があります。自分が頑張って動いた分だけ人に感謝され、そうすると自ずと成果に繋がるのでそこがこの営業の醍醐味だと思います。

オーナーさまとゼロから信頼関係を築いて、大切な資産である「不動産」の管理を任せてもらうまではそれなりに気力もいりますが、自分発信で提案したものを受け入れてもらい、そこからさらに付加価値をつけることで、オーナーさまの資産が最大化され、お互いにとってさらにwin-winな関係になるのは楽しいですね。

自分が頑張った分だけ評価されるのは嬉しいですね。それでは、続いてPM事業部の強みなどを教えて下さい。

岸本:PMの強みは、サービスの対象となるお客さまが幅広いのでコロナのような状況下でも”不況に強い”と言えます。さらにクラウド化やRPAで作業を代行する分、オーナーさまにご提案するようなクリエイティブな仕事に時間がさけるのも強みだと思います。

あとは、PMは風通しの良い職場環境だと思いますね。結構フランクで協力的なスタッフが多いのも特徴です。それぞれの専門分野はありますが、チーム制を導入しているので時には協力して課題解決も行ったりしていますよ。

様々な経験ができる事業部

続いては、PMでオーナーさまを支える支柱的存在、”オーナーサポート課”でお仕事をされる2人にインタビューしてみました。実はこのお2人はPMでのお仕事は全く初めて。

正田さんは、もともと売買事業部にいましたが2020年4月よりPM事業部に異動されました。そしてもう一人は、今年の新卒入社というフレッシュさ溢れる新人スタッフの福本さんです。

正田 勇輝(しょうだ ゆうき)
オールハウス株式会社
賃貸管理事業部 オーナーサポート課
2015年新卒入社。売買事業部から2020年4月よりPM事業部に異動。主に、賃貸物件の原状回復工事やリフォーム、退去精算等を担当。不動産売買や建築をしていた経験や知識を活かし、資産維持・活用・リフォームを様々な観点からご提案している。

趣味:野球観戦(生粋のカープファン)

福本 朱里(ふくもと あかり)
オールハウス株式会社
賃貸管理事業部 オーナーサポート課
2020年新卒入社。賃貸物件の管理、リフォーム、修理を担当。オーナーさまの信頼関係を築きながらご提案をできるように日々、奮闘中!カラーコーディネーターやインテリアの資格を活かして、空室対策や収益物件のご提案を素敵なお部屋作りのサポートを目指す。

趣味:旅行

正田さんは売買事業部からPM事業部へ移動されて今のお仕事はどうですか

正田:PM事業部は、不動産業界のあらゆる知識を得ることができるし、それを実践できる部署なので異動してからも建築や売買などをしていた経験が活かされています。いろんな業者の方と接点があるので知識が自然と広がるんですよね。

あと、オーナーさまの収支改善やリフォームの投資効果など数字でその成果が見れると、オーナーさまのビジネスにつながったことを実感できて仕事の面白みを感じます。

福本さんは新卒で入社したばかりで今は大変な時期ですね。

福本:そうですね。今は、業務を覚えたりスケジュール管理をすることに試行錯誤しています。先輩がオーナーさまへご提案されるときに同行させてもらうんですけど、オーナーさまと先輩が話される内容がまだよくわからないこともあります。でもやっぱり、自分の興味があることだから「頑張って自分もご提案できるようになりたい」と思うんです。

あとは、先輩たちがとても優しいのでついつい何でも聞いてしまいます。(笑) 事業部長の馬場さんは、特にいろいろと教えていただくんですが、毎回丁寧に答えてくださいます。

これからオールハウスでやってみたいビジョンとかありますか。

福本:まずは、オーナーさまに信頼してもらえるようにいろんな業務を覚えてご提案もしていけるように頑張りたいです。業務に慣れてきたら、大学で学んだインテリア関係の資格を活かしてリフォームのご提案をしたいなと思います。自分のリフォームのご提案を通じて、オーナーさまの収益改善に活かされればいいなと思います。

ここまでの話を聞いていると、未経験でも問題ないんですね。

正田:そうですね。最初は覚えることがたくさんあって大変だとは思いますが、覚えていく過程は未経験者でも誰でも一緒です。ここで経験を積んでいくと、できることがたくさん増えるので、それがやりがいと感じれるようになると思います。

安定的な収益を上げつつ、一方で新たなサービスを生んでいく事業展開

最後に、2012年に新卒で入社され、今ではPM事業部長を務められている馬場次長にPMのお仕事やPMチームについてお伺いしてみました。

馬場 洋輔(ばば ようすけ)
オールハウス株式会社
賃貸管理事業部 次長
2012年新卒入社。不動産オーナーさまが抱える、空室対策・資産運用・相続対策などのあらゆるお悩みに対し幅広いご提案を行う。ハウジングライフプランナーや相続診断士などいろんな資格を持つ有資格者

趣味:ドライブ・ゴルフ

PM事業部で新卒入社からPMの事業部長になられた馬場さんですが、仕事の楽しさなど教えて下さい。

私も最初は未経験で右も左もわからない状態での配属でした。最初は小さな相談事を解決し、そこから徐々に少しずつ信頼を積み重ねることで大きなお仕事を頂けるようになりました。

オーナーさまからの相談も様々で、いろんな壁にあたることもありますが問題解決できた時の喜びをともに共感でき、感謝してもらえる時がこの仕事が一番楽しいと思える瞬間ですね。今ではオーナーさまとの距離も縮まって、一回り以上歳の若い私に対してプライベートな相談もしてくださる方もいらっしゃいます。(笑)それだけ、心を開いていただいているということはとても嬉しいことです。

信頼関係を築かれているんですね。
 そして、PM事業部と言えば今まさに急成長中の事業部ですが

不動産管理業自体、今はまだ完成されていないいわば、”成長過程”にある業界なんです。賃貸や売買など業界よりも後発でありながら今なお変化しています。そんな中で、時代を捉えたサービスデジタルを利用したサービスを考え、新規事業に繋げていくことも可能な環境です。

管理物件を増やすことで、”安定的な収益を上げつつ、一方で新たなサービスを生んで事業展開していく”…こういったことができるのは成長を遂げているPM事業部の強みだと思います。

最後に、PMチームのこと、ここで得られるやりがいについて教えて下さい。

PM事業部は、仕事内容を分担したチーム制をとっています。もちろん、ひとり一人のスキルアップも望んでいますが幅広い業務をするためにもチームとして動くことが大切な部署でもあります。個人歩合もありますが昇給賞与はチーム制です。分からないことを放置するのではなく、事業部全体でフォローして解決できることが大切だと考えています。

不動産管理業も少しずつ透明化されてきて専門的な知識が必要になってきていますが、日々の仕事をすることが必然的にスキルアップとなると思います。難しい課題もありますが、そういったことが解決できた時には不動産管理のプロとしてのやりがいを感じます。

オールハウスのPM事業部では営業職でリクルートしております!

~募集要項~

PM事業部(不動産管理)・ 営業職

【雇用形態】正社員

【仕事内容】:マンションやアパートなどの入居・設備の管理とともに、物件を所有するオーナー様の運営に対し、物件改善や空室改善などのご提案を行います。市場を把握し、ご提案を通して利益の最大化をサポートする役目です。

【求める人材】:チャレンジ精神がある方・自分のアイディアを活かしたい方 

※PM事業部は安定事業ですがこれから伸びていく成長事業でもあります。お客様のことを第一に考えた上で、自分のアイディアをご提案し伸び伸びとチャレンジしていただければと思います。

▪ 不動産・住宅業界未経験者を積極採用中 !

ほとんどの社員が不動産業界や、営業未経験から入社。経験を持たない社員の方が、実は多数派です。知識や経験のない方は、先入観なく仕事に取り組め、先輩社員から教えられることを素直に受け入れられる、と考えている当社。
だからこそ、「未経験者」を積極的に採用しています!

▪頑張りが報われる評価体系。チームワークも抜群

半期ごとの実績を考慮してインセンティブを支給するなど、社員の頑張りを明確に評価。年2回の賞与は事業部全体の目標達成度に応じて決定するので、チームワークも欠かせません。また20代で課長を務める社員もいるなど、チャンスの多い環境 !数字だけではなく、日頃の勤務態度などを総合的に評価しています。

勤務地:本社(安芸群府中町)

勤務時間:8:30~18:00(実働8時間)

給与:月給 200,000円~ + 各種諸手当 +インセンティブ(歩合給)有 

※試用期間3か月
※上記は最低保証金額です。
※能力・経験・前職の給与を考慮のうえ、優遇いたします。
(年収例)
年収450万円/26歳・課長代理職

昇給・賞与:昇給:年1回 
      賞与:年2回<※昨年実績:月給4ヶ月分支給 !>

諸手当:■ 通勤手当
    ■ 住宅手当(上限10,000円/月)
    ■ 家族手当
    ■ 資格手当

休日・休暇:■ 休日 完全週休2日制
      ■ 休暇 年末年始、春季休暇、夏季休暇、慶弔休暇、有給休暇、創業休暇、誕生日休暇  ※年間休日120日以上

福利厚生:■ 社会保険完備
     ■ 産休育休制度(実績有/時短勤務有)
     ■ 退職金制度
     ■ 企業年金制度
     ■社宅・家賃補助制度有り
     ■ 社員マイホーム制度
     ■ 出産祝い金
     ■ 結婚祝い金

エントリーはこちらから

JOB INFO&ENTRY

募集要項・エントリー